自営業の開業届け

自営業は、税務署に開業届けという形で届出を出していく事になります。

スポンサードリンク

この開業届けを役所に出すことは、絶対必須のものではないのですが、確定申告の時などに役に立つでしょう。

自営業をしていく上で、その年収が108万円以下ですと、届出も一切不要で、税金を支払う義務がありません。

しかしその程度の年収の自営業ですと、アルバイトとしてしか認めてはもらえません。

スポンサードリンク

自営業をして、それを職業として認めてもらうためには、108万円以上の年収を上げ、確定申告という届出を出さなければならないのです。

この108万円以上の年収での届出である、確定申告は絶対必須のもので、もし確定申告をしないと、脱税の罪に問われる可能性さえあります。

自営業も届出をして初めて自営業として認められる、と言われるのはこうした税金の背景があるからなのです。

しかし税金を払っているという届出があれば、あなたの自営業もしっかりと、"職業"として認められるでしょう。そのために確定申告の届出は必ず毎年行ってください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

人気の自営業とは
人気の自営業、業種とはどういったものでしょうか。簡単に解説しています。...
自営業の職種
自営業の職種はなんでしょう。インターネットの普及で形態も変ってきているようです。...
自営業の平均年収
一口に平均年収といってもそのばらつきは相当広いものです。...
自営業を開業しよう
自営業も開業届けをしなければなりません。 勝手に自営業を開業しても、実際は問題あ......
自営業の資金
自営業では、いくらほどの資金が必要になってくるのでしょうか。 実際のところ、自営......
自営業の融資
自営業の融資を銀行で行ってくれる事があります。 自営業の初期資金も相当な額となっ......
自営業の経費
自営業では、経費というものについて、しっかりと帳簿を付けていかなければならない事......
自営業の経理
自営業でももちろん経理が大切になってきます。 自営業でいい加減な経理をしてしまえ......
自営業の帳簿付け
自営業でも帳簿を付けていかなければならないと言われています。 ですが、慣れない内......

▲このページのトップへ