自営業の開業届け -2




自営業をして、それを職業として認めてもらうためには、108万円以上の年収を上げ、確定申告という届出を出さなければならないのです。

この108万円以上の年収での届出である、確定申告は絶対必須のもので、もし確定申告をしないと、脱税の罪に問われる可能性さえあります。

自営業も届出をして初めて自営業として認められる、と言われるのはこうした税金の背景があるからなのです。

しかし税金を払っているという届出があれば、あなたの自営業もしっかりと、"職業"として認められるでしょう。そのために確定申告の届出は必ず毎年行ってください。

トップページ

(C) 2010 収入アップblog